合気道とは

日本武道の精華

合気道開祖 植芝盛平翁
合気道開祖 植芝盛平翁

植芝盛平翁が創始

世界中で親しまれる合気道 

 

 合気道の開祖 植芝盛平翁(1883~1969 )は現在の和歌山県田辺市に生まれました。

 幾多の武術を修練し、厳しい精神修行の末に合気道を創始しました。

 開祖の圧倒的な強さと人柄、武技としての絶大な効力を有しながらも、他と争わない合気道の精神性が多くの人を惹きつけ、次第に入門者が増えました。

 当初は、しかるべき紹介者があり、身元の確かな者でないと入門できなかったということです。

  昭和17年、合気道と名称し、戦後、一般の人にも門を開きました。

 合気道の道統は開祖から二代・植芝吉祥丸道主、三代・植芝守央道主へと受け継がれております。

 現在、世界130カ国で愛好者は160万人に達し、子どもから高齢者まで、男女のへだたりなく稽古に励んでいます。

 また、平成24年度から中学校の保健体育科で武道が必修となり、合気道も採用されています。

 

合気道の心と技

宇宙自然に調和

万有愛護の精神

 

  合気道の基本である入り身、転換、転身の体捌きは、相手とのぶつかり合いを避け、流れるような美しい動きを体現します。相手に合わせることは、お互いを尊重することにもつながり、誠実な人柄を育みます。

 

合気道には競技(試合)がありません

理に適い、対すれば和合す すなわち無敵

 

 合気道では勝ち負けを競うことをしません。稽古では、取り(技を掛ける側)と受け(技を掛けられる側)を交替しながら技を繰り返し、心身の練成を図ります。 大会では、演武という形式で日頃の稽古で身に付けた技を披露しています。

 試合とは自分の力量を知るための試し合い。普段の稽古は形の反復ですが、心の持ちよう、取り組みようにより、地稽古的にも、乱取り稽古的にもなります。

 無理な力を労せず綺麗に技を掛けることができた時は、上達したことを実感し嬉しいものです。力ずくでない導かれるような技は、何をどうされたのか分からない不思議な印象です。 技を掛けられて、思わず微笑んでしまったり、その見事さに感心・・・こんな調子ですと敵意なんか湧きません。

 

合気道に関する著作物

 伝記や思想書のほか、技術教本が多数発行されています。

興味があれば近所の書店でお求めください。地域経済活性化の一助になるかも。

以下に掲載する以外にも書籍・DVDが販売されています。

詳しくは(公財)合気会のホームページをご覧ください。

 

連絡先

合気道田中道場

岐阜県合気道連盟事務局

 

住所〒506-0004

岐阜県高山市桐生町5-187-1

    ローレルコートA102

 

電話:0577-34-0460

FAX:        同上

 

mobile:090-1768-4825

spacewalker@softbank.ne.jp

 

PChideta@hidatakayama.ne.jp